wowshop
JAPAN

全国の酒蔵の秘蔵酒をお届け こだわり日本酒定期便

ここが違う

日本酒のことを知りつくした「日本酒プロデューサー」上杉孝久氏による監修

Point1

日本酒業界に精通した上杉氏監修だからこそできる、酒蔵によるwowshopのためだけの秘蔵のお酒を特別に瓶詰め。一般に流通しないめずらしいお酒を毎月お届けします。
毎月変わりでおすすめ酒蔵の日本酒が楽しめます。

Point2

上杉謙信公を先祖に持つ米沢新田藩 上杉子爵家九代目当主でもある上杉氏が自ら墨を擦り、一枚一枚気持ちを込めた手書きオリジナルラベルも毎月のお楽しみ。地域やお酒の特性、季節に合わせたラベルを毎月ご用意します。

Point3

毎月のお届け日本酒が最高に美味しくいただける、酒の肴をご紹介していきます。
ぜひおすすめのお料理と日本酒のマリアージュをお楽しみください。

ラベル例

ラベル例(定期便でお届けするラベルとは異なります)

上杉氏

上杉家に江戸時代から伝わる墨をすり、越前手漉き和紙のラベルに手書きをする上杉氏

上杉孝久

日本酒プロデューサー
有限会社佐奈井代表取締役、日本食文化会議理事長
日本地酒協同組合前専務理事
東京酒フェス日本酒総合プロデューサー
著作「日本史がおもしろくなる日本酒の話」(サンマーク出版)
「いいね!日本酒」(WAVE出版)他
1952年生まれ 東京都出身。学習院大学卒業後、出版業界に身を置く。その後、日本橋で創業60年の老舗「いの上」を継承し、赤坂の料亭、居酒屋などを出店する傍ら、外食産業のコンサルタントとして活動をする。
現在は、イベントや講演、企業コンサルティングなどさまざまな活動を通して、日本酒市場のすそ野を広げることを目指し、日本酒をより理解してもらうために、酒販店、飲食店、国内外の消費者に対して日本酒セミナーや講演を年100回以上行っている。
上杉謙信公を先祖に持つ米沢新田藩 上杉子爵家九代目当主。

こだわり日本酒定期便

月々5,500円コース

月々5,500円コース

少量しか生産できない、一般流通していない特別な1本を毎月お届けいたします。
上杉氏による、お酒に合わせて毎月変わる、この定期便だけのオリジナルラベル。
(内容量:720ml×1本)

毎月 5,500(税込)

送料別途 880円(税込)

お申し込みはこちら
発送について
毎月15日までにご購入いただくと、当月末頃にお届けいたします。
2回目以降は、毎月16日に自動注文が発生し、当月のご注文が確定いたします。
途中ご解約・スキップ・発送再開について
マイページ*から解約手続きできます。毎月15日(23:59)までに解約手続きされた場合、当月の発送以降をストップします。
また、発送の再開もできます。
(例)2/16に解約手続きをした場合、2月発送分はご購入となり3月末発送予定のもの以降より解約となります。
マイページからのお手続きで次回配送をスキップさせることもできます(発送日の15日前までのお申し込み)。
詳しくはこちら>>

お届け日本酒と酒蔵

埼玉県小川町
晴雲酒造

晴雲酒造では1902年の創業以来、小川町の地酒蔵として地域の方々に愛していただけるお酒を念頭に品質にこだわった酒造りを行ってまいりました。

小川町の地下水は周囲の自然豊かな山々から豊富に供給され、その水質の良さは灘の宮水にも匹敵するとも言われており、また小川和紙を育んだ盆地特有の冬の冷え込みは吟醸造りに適していることから関東有数の銘醸地、「関東灘」ともよばれています。

そして晴雲酒造が使用する原料米は積極的に埼玉県産米を買い付け、その多くが地元周辺地域で収穫されたお米です。30年前より地元の無農薬米も使用し、それらの米は自社精米によって、大切に磨かれて酒造りの原料となっています。

地域の方が愛情を込めて作ったお米を、小川町らしい自然の恵みで杜氏が手間暇を惜しまず丹念に醸して生まれたお酒です。

泰然自若

5,500円コース

泰然自若

特徴
この蔵のある埼玉県小川町は東京から50分のところですが、大変自然が豊かで水の美味しい「田舎」です。有機農法で栽培する野菜が全国で一番比率が高い土地でもあります。その豊な自然を生かし、今までの経験と同時に、新しい酒造りの手法を取り入れて完成したのがこの純米吟醸です。香りをまず嗅いで下さい。豊かな吟醸酒の香りがまず感じられます。その後に美味しいお米を食べているような旨味がジワッと広がります。いつまでも飲んでいたいその様なお酒と言えるでしょう。
合う料理・おすすめのマリアージュ
野菜料理全般、塩の焼鳥、さっぱりしたおでん、鮪の赤身のお刺身、白身魚の煮付け、海老の天ぷらを塩で
飲みごろ
○冷温(10℃前後) ◎常温(20℃前後) ○ぬる燗(40℃前後) -熱燗(50℃前後)
味わい
やや辛口
濃度
やや淡麗
酒蔵
埼玉県小川町 晴雲酒造
醸造規格
純米吟醸
原材料
米・米麹
原材料米
美山錦 彩のきずな(埼玉県産)
精米歩合
60%
アルコール分
15度
容量
720ml
5,500円コース お申し込みはこちら

福島県喜多方市
大和川酒造店

大和川酒造店では、自社栽培された原料米を使って酒造りを行う「田んぼからの酒造り」を実践して参りました。

酒蔵の中から出る有機副産物(米ぬか・酒粕など)を利用しての循環型の肥料づくり、土作りから考える自社田自社栽培米をふんだんに使用しております。
メインで使用する原料米の酒造好適米「夢の香」や「山田錦」などを、栽培から収穫、乾燥、精米にいたるまで一貫して行える利点を生かし、原料である米の処理には細心の注意を払っております。

創業から続く伝統的な技術を重んじ、近代的な設備を用いた技術革新も積極的に行い、蔵の周りの豊かな喜多方の風土と米の本来の旨みと甘み、その米を育んだ水を酒の仕込水とし、なめらかでやさしくやわらかな『調和』のとれた味わいが一体となって表現されたものこそが大和川酒造店のお酒なのです。

画竜点睛

画竜点睛

特徴
飯豊山の伏流水が蔵の中に湧き出ていて、地元の方々も毎朝汲みに来る水を仕込み水に使用しています。そのまま飲んでも口当たりの良い柔らかな水です。原料米は農業法人「大和川ファーム」が栽培する本格的な自社田で収穫された酒造好適米を使用しています。お飲みになると感じられる華やかな香りは、まさにお米と水と若い杜氏(社長の弟さん)の技術が醸し出すハーモニーです。このお酒はどのようなお料理にも対応できる大変便利なお酒です。したがって御節料理にピッタリなお酒と言えるでしょう。
合う料理・おすすめのマリアージュ
御正月の御節料理、魚のムニエル、バターの香るステーキ、クリームシチュー、餃子、すき焼、チーズ、キャビア、寄せ鍋、茹で蟹
飲みごろ
◎冷温(10℃前後) ○常温(20℃前後) ○ぬる燗(40℃前後) -熱燗(50℃前後)
味わい
やや辛口
濃度
やや淡麗
酒蔵
福島県喜多方市 大和川酒造店
醸造規格
純米吟醸
原材料
米・米麹
原材料米
自社田酒造好適米
精米歩合
55%
アルコール分
16度
容量
720ml
5,500円コース お申し込みはこちら

千葉県印旛郡
飯沼本家

飯沼本家は、伝統的な酒造りの手法を守るとともに、常に新しいタイプの酒造りにチャレンジする気持ちも忘れません。型にとらわれず、現代の食や嗜好にあった酒造りをめざしています。

蔵の敷地内にある井戸から汲み上げた井戸水を仕込水、洗米水、割水に使用しています。中軟水で軟らかい水質であるため、出来上がる酒も軟らかい味わいに仕上がります。

飯沼本家は、県内でも数少ない精米工場がある酒蔵です。時間と手間をかける『扁平精米』という製法により、雑味の元となるタンパク質の少ないお米に仕上げます。

もともと20名以上の蔵人が携わっていた酒造りも、機械化の導入により少人数で行っています。
機械の利点を生かしつつ伝統の技で醸す『機械と技の融合』を実現。高品質な商品を、安定してお届けすることができるようになりました。

温故知新

5,500円コース

温故知新

特徴
フランスの日本酒コンテスト「KuraMaster2021」純米大吟醸部門プラチナ賞トップ5を受賞した純米大吟醸です。このコンテストはフランス人のホテル・レストランの支配人、シェッフ、ソムリエなどサービス業や料理に携わるプロ中のプロが選ぶコンテストです。従ってお酒として美味しいだけではトップ5にはなれません。純米大吟醸でも料理との相性が抜群だからこそ、この栄えある賞が受賞が出来たのです。
合う料理・おすすめのマリアージュ
ふぐちり・湯豆腐をポン酢醤油で。白身魚のムニエルレモンソース、オレンジピール(夏みかんの砂糖漬け)、クリームチーズにオレンジママレードを添える
飲みごろ
◎冷温(10℃前後) ○常温(20℃前後) ○ぬる燗(40℃前後) -熱燗(50℃前後)
味わい
中口
濃度
淡麗
酒蔵
千葉県印旛郡 飯沼本家
醸造規格
純米大吟醸
原材料
米・米麹
原材料米
山田錦
精米歩合
50%
アルコール分
16度
容量
720ml
5,500円コース お申し込みはこちら

福井県吉田郡
吉田酒造

明治3年創業以来、頑なに手作りに徹し、この酒造りの村「山島村」の伝統を守り続けています。

酒造りはお米、水、微生物と言った自然の恩恵を受けて初めて可能となります。
美味しいお酒造りを続けていく為には、地元の自然を守り、良質で安心なお米を提供してくださる農家さんとの連携はかかせません。
私たちはお米を育てる約40軒の契約農家さんとの連携を大切にすることが酒造りの一歩目だと考えています。

蔵人は春から夏にかけて農家さんのもとで米作りを教わり、農家さんにも蔵人として酒造りに参加してもらいます。
農家さんとの“繋がり”を大事にし、お互いの想いや考えを重ね合わせることで、「米作り」を「酒造り」まで昇華していきます。

大地を感じ、土を学び、人の想いを尊び、手と手を取り合いながら私たちの日本酒は出来上がるのです。

純米大吟醸 立春「雛」

5,500円コース

純米大吟醸 立春「雛」

特徴
搾りたての純米大吟醸無濾過生原酒を0度で2年間寝かせた、貴重な熟成酒です。0度で熟成させたために、まだフレッシュさを感じさせますが、特筆すべきはほのかに感じられる、奥行きの深い味わいです。しぼりたては凄く爽やかさを感じさせますが、2年低温で熟成させたために、純米大吟醸が持つ旨さが増しています。6本限定の超希少酒をお楽しみ下さい。
合う料理・おすすめのマリアージュ
湯豆腐、鱈ちり、白身魚の刺身、焼蛤、モッツァレラチーズ、蒲鉾、千枚漬け、茹で蟹
飲みごろ
◎冷温(10℃前後) ○常温(20℃前後) ○ぬる燗(40℃前後) -熱燗(50℃前後)
味わい
中口
濃度
やや淡麗
酒蔵
福井県吉田郡 吉田酒造
醸造規格
純米大吟醸熟成酒
原材料
米・米麹
原材料米
自社田の山田錦
精米歩合
50%
アルコール分
17度
容量
720ml

京都府京都市
増田徳兵衛商店

1675年の創業以来、単に“うまいもの”ではなく、酒の底味のような深さと広がりを追求してきました。

お米も水も、自然の由来の“生きた”もの。そのときどきの個性を生かした自然の味の幅広さこそ酒の「たのしみ」と捉え、月の桂だけの世界、唯一無二で在るものを求めてきました。

また、酒造りは人間の感性なくしてはなしえません。
だからこそ手造りにこだわり、酒そのものに加えてその周りにある酒器や料理、伝統行事、芸術など幅広く酒と文化の関わりに注目し、嗜みとしての酒を大事にしてきました。

京都伏見の酒蔵としての伝統を守りながらも誰もがそうしてきたことにはとどまらず
世間に流されない、型破りな酒を目指します。

純米 寒仕込み「水仙」

5,500円コース

純米 寒仕込み「水仙」

特徴
日本酒の二大産地の伏見(京都)で最古の酒蔵の純米酒です。口に含むとしっかりとした米の香りがして、それでいて微かなバナナのような甘味を感じます。でも飲み込むと微かな苦みを感じ、この苦みが後味をスッキリさせてくれます。ぬる燗にするとさらに炊き立てのお米の香りのような、懐かしい甘い香りに包まれます。
合う料理・おすすめのマリアージュ
煮魚、野菜の煮物、カマンベールチーズ、だし巻き玉子、しゃぶしゃぶ、寄せ鍋、白身魚の粕漬焼
飲みごろ
-冷温(10℃前後) ○常温(20℃前後) ◎ぬる燗(40℃前後) -熱燗(50℃前後)
味わい
やや甘口
濃度
普通
酒蔵
京都府京都市 増田徳兵衛商店
醸造規格
純米
原材料
米・米麹
原材料米
酒造好適米
精米歩合
60%
アルコール分
16度
容量
720ml
5,500円コース お申し込みはこちら
お酒は20歳になってから。飲酒運転は絶対にやめましょう。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響する恐れがあります。