WOWOWコミュニケーションズが提案するココだけのWOW!なエンタメショップ

 

WOWOWコミュニケーションズが提案するココだけのWOW!なエンタメショップ

MENU CLOSE
  • 世界数量限定!証明書付き 選手直筆サイングッズ
  • ボジョレーヌーヴォー2018 ご予約受付中!
  • WOWOWチーズ!チーズ!チーズ!
  • WOWOWセレクション「キャステル・リエバ」極上シャンパーニュセット
  • ゴルフメモ
  • 全豪オープンテニス観戦ツアー2019
  • 氷室京介×WOWOWコラボレーション
  • テニス太郎

PickUpアイテム

ジャンルから探す


スポーツ
エンタメ

カテゴリから探す

エンタメ

#人気タグ

イチオシ特集

  • WOWOWチーズ!チーズ!チーズ!
  • iPhoneケース200円(税抜)均一!在庫処分
  • ゴルフメモ
  • テニス太郎オリジナルグッズ
  • FUNKO POP!
  • アメコミヒーローグッズ特集
  • グランドスラム公式グッズ販売中
  • 天月-あまつき-オフィシャルグッズ

ツアー / イベント特集

  • 全豪オープンテニス観戦ツアー
一覧ページへ >>>

スポーツジャンルから探す

エンタメジャンルから探す

おすすめコンテンツ『THE TENNIS DAILY』

北信越地区優勝チーム主将 「勝利の為に」【第41回全国選抜高校テニス大会】

北信越地区優勝チーム主将 「勝利の為に」【第41回全国選抜高校テニス大会】

配信日時 2018年11月14日 17:00

第41回全国選抜高校テニス大会北信越地区大会
開催期日 2018年10月26日(金)~28日(日)
会場 松本市浅間温泉庭球公園

男子団体優勝 松商学園高校高等学校
6dannsi.jpg2yosioka.jpg 吉岡元也 主将
「チーム一丸、一戦一戦勝ちにこだわり、上位進出を目指します。」

5isigaki.jpg 男子S1:石垣秀悟
「1年生なので、どんな相手にもチャレンジャーの気持ちで向かって行きたい。シングルス1として、一戦一戦勝ちにこだわり、全力で、諦めず試合をしたい。また、チームのトップバッターとして、チームが良いスタートを切れるような試合内容を心がけたい。」


女子団体優勝 松商学園
3jyosi.jpg
4matuyama.jpg女子キャプテン 兼 S1:松山明日葉
「上級生が下級生を支えられるようなチームにし、全国大会優勝を目指して、日々の練習をより頑張っていきたい。」

※写真は全国選抜高校テニス大会北信越地区大会で優勝した選手達(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

【11/14注目ドロー】ジョコビッチ、第2戦でズベレフと対戦。チリッチは初出場イズナーとの対戦に臨む[Nitto ATPファイナルズ]

【11/14注目ドロー】ジョコビッチ、第2戦でズベレフと対戦。チリッチは初出場イズナーとの対戦に臨む[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 17:00

11月14日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会4日目。

シングルスでは、4人ずつ「グーガ・クエルテン」「レイトン・ヒューイット」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ、本日は「グーガ・クエルテン」の第2戦が行われる。

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は世界5位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。両者は過去2回対戦して1勝1敗となっている。

同大会でジョコビッチは、過去史上最多6度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)に次ぐ、5度の優勝を果たしている。また、今シーズン右肘の故障から完全復活を果たし2年ぶりに世界ランキング1位に返り咲いた。今大会の第1戦ではジョン・イズナー(アメリカ)をストレートで破っている。

一方の次世代のNo.1候補筆頭格であるズベレフは、同大会に2年連続2回目の出場。第1戦ではマリン・チリッチ(クロアチア)とのタイブレークに突入する接戦を制して初戦白星を挙げていた。6度目の優勝を目指すジョコビッチと、初の決勝トーナメント進出を目指すズベレフ。どの様な試合展開を見せるか注目される。両者の試合は日本時間14日の23時ごろ開始の予定。

世界7位のマリン・チリッチ(クロアチア)は世界10位のジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。両者は過去10回対戦していて、チリッチの7勝3敗だ。

ズベレフと同様に初の決勝トーナメント進出を目指すチリッチは同大会に3年連続、4度目の出場。一方のイズナーは初めてツアー最終戦に臨んでいる。今シーズン2度目の対戦となる両者、決勝トーナメント進出に向け、大事な一戦で勝利するのはどちらか注目となる。試合は日本時間15日の午前5時ごろに開始予定だ。

ダブルスでは4組ずつ「ロドラ/サントロ」「ノウルズ/ネスター」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ。本日は「ノウルズ/ネスター」の第2戦が行われる。

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人(4組)ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人(2組)ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月14日の注目ドロー】

◆男子シングルス グループステージ「グーガ・クエルテン」 第2戦

[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対 [3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

[5]マリン・チリッチ(クロアチア)対 [8]ジョン・イズナー(アメリカ)

◆男子ダブルス グループステージ「ノウルズ/ネスター」 第2戦

[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)対 [5]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)

[3]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)対 [8]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのジョコビッチ
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

【11/13試合結果】錦織、完敗でグループステージ1勝1敗に。フェデラーはティームに勝利し望みを繋ぐ[Nitto ATPファイナルズ]

【11/13試合結果】錦織、完敗でグループステージ1勝1敗に。フェデラーはティームに勝利し望みを繋ぐ[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 12:00

11月13日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会3日目。男子シングルス「レイトン・ヒューイット」第2戦、男子ダブルス「ロドラ/サントロ」第2戦が行われた。

シングルスでは、世界9位の錦織圭(日本/日清食品)が世界6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)に0-6、1-6で敗れた。

この試合錦織はファーストサービスの成功率45%、ファーストサービスでのポイント獲得率50%とサービスで優位に立てず。またアンフォーストエラーの数も24本に及んだ。ATP公式サイトによると、錦織は試合後「なぜ今日は上手くプレーできなかったのか全くわからない。今日はボールの感覚が良くなく、多くのミスをしてしまった。自分の日じゃなかった」と話した。

また次戦、ドミニク・ティーム(オーストリア)との試合に向けて「厳しい戦いになると確信している。確実にレベルを上げなければならない。今日はひどい試合だった。明日は良い練習ができることを願っている」と意気込みを語った。

一方、世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)は世界8位のティームに6-2、6-3とストレートで勝利。グループリーグ1勝1敗で決勝トーナメント進出へ望みを繋いだ。

この試合フェデラーはブレークポイントを握られることなく、ティームに圧勝。試合後のインタビューで「簡単な試合は1つもないけれど、今日の試合はとても良いプレーができた。勝てて幸せだ」とフェデラーは語った。

第3戦では、錦織とティーム、フェデラーとアンダーソンがそれぞれ対戦する。

■グループ「レイトン・ヒューイット」第2戦までの戦績
[2]ロジャー・フェデラー(スイス) 1勝1敗
[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 2勝0敗
[6]ドミニク・ティーム(オーストリア) 0勝2敗
[7]錦織圭(日本/日清食品) 1勝1敗

ダブルスでは、ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)がグループステージで2連勝し、第2戦終了時点で決勝トーナメント進出が決まった。

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人(4組)ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人(2組)ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月13日 試合結果】

◆男子シングルス グループステージ「レイトン・ヒューイット」 第2戦

〇[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)6-0、6-1 ●[7]錦織圭(日本/日清食品)

〇[2]ロジャー・フェデラー(スイス)6-2、6-3 ●[6]ドミニク・ティーム(オーストリア)

◆男子ダブルス グループステージ「ロドラ/サントロ」 第2戦

〇[4]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)6-4、6-3 ●[2]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)

〇[6]レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)7-6(5)、7-6(5) ●[7]ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

北信越大会を終えて【第41回全国選抜高校テニス大会】

北信越大会を終えて【第41回全国選抜高校テニス大会】

配信日時 2018年11月14日 12:00

 1日目は、悪天候が心配され早朝は雨天だったが、朝の公式練習の時間には雨はほぼあがっていた。ただ、一日をとおして南からの風が強く選手たちを悩ませた。2日目は、朝は冷え込んだものの日中は暖かい日差しに恵まれ、風もほとんどなく絶好のテニス日和となった。

 男子は、1位松商学園、2位敦賀気比、3位東京学館新潟、4位富山第一という結果になった。松商学園は、9人中7人が1年生で経験不足が心配されたが、結果的には他チームを寄せ付けない強さを見せての優勝だった。全体をとおして特に好試合だったのが、3~4位決定戦の1回戦(勝てばベスト4、負ければ5~6位決定戦という試合)、北陸vs富山第一の対戦だった。3面展開で行われた試合。S1とD1が富山第一、S2を北陸が取って2-1。その後に入ったD2、S3ともに北陸がリードしつつ試合が進み、S3は北陸が取って対戦成績は2-2。しかし、そこから富山第一のD2が驚異的な粘りを見せて5-5に。結果的にD2が7-5で逆勝ちし、富山第一が対戦成績3-2で勝利した。

 女子は、1位松商学園、2位仁愛女子、3位富山国際大附属、4位新潟第一という結果になった。女子決勝の松商学園の勝利は、S1松山の活躍によるところが大きい。3面展開で行われた試合で、最初にD1が圧勝。次にS2が勝利。しかし、S1松山は前半から相手にリードを許す苦しい展開。しかし、中盤から少しずつリードを縮め6-6まで追いつくと、タイブレークに入ってからは一進一退互角の戦いとなった。最後はタイブレークを9-7で制して松山が劇的な勝利を遂げ、対戦成績3-0で優勝を果たした。

 長野県松本市の開催で、地元の松商学園がアベック優勝でき、長野県勢として最高の結果に終わった。北信越地区1位の結果を誇りに、男女とも全国大会での上位進出を目指して頑張ってほしい。

長野県高等学校体育連盟テニス専門部
委員長 赤塩 仁

※写真は全国選抜高校テニス大会北信越地区大会の会場(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

錦織「レベルを上げる必要がある」。第3戦で決勝T進出の望みかけ、過去3勝1敗のティームと対戦[Nitto ATPファイナルズ]

錦織「レベルを上げる必要がある」。第3戦で決勝T進出の望みかけ、過去3勝1敗のティームと対戦[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 11:30

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)、グループステージ「レイトン・ヒューイット」第2戦で、錦織圭(日本/日清食品)はケビン・アンダーソン(南アフリカ)にストレートで敗れ、グループリーグ1勝1敗となった。

ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は試合後「彼(アンダーソン)のスタートは良かった。私は第2ゲームを失って、ボールを感じられなくなった」と話す。

そう話す錦織は第1セットの第2ゲームでアンダーソンに30-40とブレークポイントを握られたが、デュースに持ち込む。しかし粘るもブレークポイントを決められ、錦織は1ブレークダウンとされていた。その後、ミスが重なり残念ながら0-6、1-6で敗れた。

「自分の日じゃなかった」と完敗を喫した錦織。第3戦ではドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは力強い片手バックハンドが特徴でフォア、バックとも大きなフォームで強烈なスピンをかける。また、両者は5度目の対戦となり戦績は錦織が3勝1敗で勝ち越している。

錦織はティームについて「彼は明らかに良い選手だ。だから、タフなものになるだろうと確信しています」と話し、続けて「私は確かにレベルを上げる必要がある。 今日はひどい試合だった。明日は良い練習ができることを願っている」と意気込みを語った。グループリーグ1勝1敗の錦織は決勝トーナメント進出に向け、第3戦で望みをかける。

(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦での錦織
(photo by Hongbo Chen/Action Plus via Getty Images)

 錦織 決勝T進出には第3戦で1セット取得が最低条件に[Nitto ATPファイナルズ]

錦織 決勝T進出には第3戦で1セット取得が最低条件に[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 11:00

錦織圭(日本/日清食品)が出場中の男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)のグループステージ「レイトン・ヒューイット」は、第2戦までが終了。錦織が決勝トーナメントへ進出するには、第3戦となるドミニク・ティーム(オーストリア)戦で1セット以上取得することがほぼ最低条件となった。

グループステージ「レイトン・ヒューイット」では現在錦織が1勝1敗、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)が2勝0敗、ロジャー・フェデラー(スイス)が1勝1敗、ティームが0勝2敗となっている。

決勝トーナメント進出者を決める項目は、勝利試合数、出場試合数、セット取得率、ゲーム取得率、直接対決の結果などがあるが、ATP(男子プロテニス協会)公式Twitterが発表している錦織の決勝トーナメントへ進出するわかりやすいパターンは以下の2つ。

1.錦織がティームに勝利し、アンダーソンがフェデラーから1セット以上取得
2.錦織が1セット取得しつつティームに敗れるも、アンダーソンがフェデラーに勝利

他にゲーム取得率による突破のパターンはあるも、錦織が第2戦でアンダーソンに0‐6、1‐6と大差で敗れたため厳しく、上記のパターンでの突破が現実的だ。つまり、錦織は少なくとも1セット取得する必要がある。

第3戦では先に日本時間15日23時以降に錦織対ティームが行われ、16日5時以降にフェデラー対アンダーソンが行われる予定。

まずは錦織が目の前のティーム戦で勝利することに期待したい。

(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

錦織「今日のことはただ忘れるようにする」。第3戦でプレーを修正し決勝Tへの切符を掴めるか[Nitto ATPファイナルズ]

錦織「今日のことはただ忘れるようにする」。第3戦でプレーを修正し決勝Tへの切符を掴めるか[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 06:00

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)の大会3日目、グループステージ「レイトン・ヒューイット」第2戦で、錦織圭(日本/日清食品)はケビン・アンダーソン(南アフリカ)に0-6、1-6と完敗を喫し、グループリーグ1勝1敗となった。

ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は試合後「なぜ今日は上手くプレーできなかったのか全くわからない。今日はボールの感覚が良くなく、多くのミスをしてしまった。自分の日じゃなかった」とコメントしている。

錦織はこの試合、序盤から先にミスをしてしまい5度連続でサービスゲームを落とした。スタッツでみても、ファーストサーブの成功率は45%、ファーストサーブでのポイント獲得率は50%とサーブで優位に立てず、セカンドサーブでのポイント獲得率もわずか37%だった。またアンフォーストエラーの数も24本におよび、なかでもフォアハンドのものが15本と多くを占めた。

1勝1敗となった錦織は、第3戦となるドミニク・ティーム(オーストリア)戦に決勝トーナメント進出をかけることになる。「明日は良い練習ができることを願っている。今日のことはただ忘れるようにする」と語っており、プレーを修正して、勝利と決勝トーナメントへの切符を掴めるか注目が集まる。

(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

フェデラー 決勝T進出に望みをつなぐ。ストレートでティームに勝利。[Nitto ATPファイナルズ]

フェデラー 決勝T進出に望みをつなぐ。ストレートでティームに勝利。[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 06:44

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)の大会3日目、グループステージ「レイトン・ヒューイット」第2戦でロジャー・フェデラー(スイス)がドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦。6-2、6-3のストレートでフェデラーが勝利し、グループリーグ1勝1敗で決勝トーナメント進出へ望みをつないだ。またティームはこれで0勝2敗となっている。試合時間は1時間6分。

この試合は、第1戦を落とした者同士の対戦となった。両者は過去に3回対戦しており、フェデラーの1勝2敗。しかし、いずれも2年前の対戦で、ティームに敗れたのはいずれも芝とクレーのサーフェス。ハードコートではフェデラーが勝利していた。

第1セットではフェデラーが幾度もチャンスをものにし、第3、第7ゲームでそれぞれブレークに成功。ティームにブレークポイントを握られることなく第1セットを先取する。続く第2セットでも早々にブレークすると、勢いのままティームを圧倒。このセットではサービスゲームで1ポイントしか落とさず、最後もブレークで試合を決めて勝利を手にした。

試合後のインタビューでフェデラーは「簡単な試合は1つもないけれど、今日の試合はとても良いプレーができた。勝てて幸せだ」と語った。

フェデラーがストレートで勝利したことにより、グループ「レイトン・ヒューイット」の模様は混沌としてきた。ケビン・アンダーソン(南アフリカ)が2勝0敗と頭一つ抜けているがまだ確定しておらず、1勝1敗で錦織圭(日本/日清食品)とフェデラーが追いかけている。

第3戦でフェデラーはアンダーソンと、ティームは錦織とそれぞれ対戦する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦でのフェデラー
(Photo by Naomi Baker/Getty Images)

【速報】錦織 1ゲームが遠くアンダーソンに完敗。決勝T進出を第3戦にかける[Nitto ATPファイナルズ]

【速報】錦織 1ゲームが遠くアンダーソンに完敗。決勝T進出を第3戦にかける[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月14日 00:23

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)の大会3日目、グループステージ「レイトン・ヒューイット」第2戦で錦織圭(日本/日清食品)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦。0-6、1-6のストレートで錦織が敗れ、1勝1敗となった。錦織は第3戦となるドミニク・ティーム(オーストリア)戦に決勝トーナメント進出をかけることになる。

第1セットはファーストサーブが入らず、ストロークでもリズムを作れず1ゲームも奪えなかった錦織。第2セットもアンダーソンのサービスゲームからスタート。またも第2ゲームで30-40とピンチを迎えた錦織は、しのぎきれずにブレークを許す。

主導権をアンダーソンに奪われてしまった錦織は、第4ゲームでも0-40と3本のブレークポイントを握られてしまう。2本は返した錦織だったが、最後は錦織のショットがネットを越えられずにブレークを喫し、これで第1セットから10ゲーム連続でアンダーソンにゲームを奪われ、錦織が1ゲームも取れていないという状況になった。

第5ゲームで錦織は0-30から30-30まで追い上げたが、なんとか決めたいという気持ちから焦ってしまうのか、錦織のショットがことごとくミスとなってチャンスをつかむことができなかった。

そしてゲームカウント0-5で迎えた第6ゲーム。錦織がネットギリギリのスーパーショットを見せてなんとかこのゲームを取り、この試合で初めてサービスゲームをキープした。

続く第7ゲームがアンダーソンのサービング・フォー・ザ・マッチとなった。錦織は第6ゲームを取ったことにより積極的な動きが出始めたものの、反撃するにはすでに遅く、このゲームを破ることができずに第2セットを1-6で落として敗れた。

錦織はこの試合を通してアンフォーストエラーが24本、なかでもフォアハンドのものが15本と多く、決勝トーナメント進出がかかるティーム戦にむけて修正が必要になる。

(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦での錦織
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

【速報】錦織 ミス多く第1セットを0-6で落とす。アンダーソンとの第2戦[Nitto ATPファイナルズ]

【速報】錦織 ミス多く第1セットを0-6で落とす。アンダーソンとの第2戦[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月13日 23:49

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)の大会3日目、グループステージ「レイトン・ヒューイット」第2戦で錦織圭(日本/日清食品)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦。第1セットは0-6で錦織が落とした。

両者は過去に8回対戦しており、錦織が5勝3敗と勝ち越している。直近の対戦となった「ATP1000 パリ」では錦織が勝利を収めているが、今年に限ってみると3回の対戦成績は1勝2敗と負け越している。グループステージ「レイトン・ヒューイット」の第1戦で勝利を挙げた両者だが、ここで勝利した方が決勝トーナメントに大きく前進することになる。錦織が見事に勝利を挙げ、決勝トーナメントに向けて一歩抜け出すことができるのか、期待がかかる。

第1セットはアンダーソンのサービスゲームから始まった。第2ゲームでアンダーソンに30-40とブレークポイントを握られた錦織だが、ストローク戦を制してデュースに持ち込む。粘る錦織だったが、アンダーソンにこのゲーム3本目のブレークポイントを決められ、1ブレークダウンとされた。

さらに第4ゲームでもアンダーソンにブレークを喫し、ゲームカウント0-4と大きくリードを許した錦織はなんとかチャンスをつかもうとするが、アンダーソンのサーブに手こずり、ポイントを奪うことができない

そしてゲームカウント0-5で迎えた第6ゲームでも自身のミスからアンダーソンにセットポイントを握られた。ここは一旦しのいでデュースに戻したが、その後もアンダーソンの攻撃をしのぎきることができずに第1セットを0-6で落とした。

錦織は第1セットでのアンフォーストエラーは14本、ファーストサーブの成功率は47%、ファーストサーブでのポイント獲得率は53%とアンダーソンに対してプレッシャーをかけることができなかった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦で対戦中の錦織
(Photo by Naomi Baker/Getty Images)

【速報予定】錦織、グループステージ突破目指し大事な第2戦へ。初出場アンダーソンと対戦[Nitto ATPファイナルズ]

【速報予定】錦織、グループステージ突破目指し大事な第2戦へ。初出場アンダーソンと対戦[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月13日 18:00

世界ランキング9位の錦織圭(日本/日清食品)が現地の11月13日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)グループステージ第2戦で、世界ランキング6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。試合は日本時間13日23時ごろ開始予定。

錦織はツアー最終戦に過去3度出場、2014年と2016年には決勝トーナメント進出を果たしている。今シーズン右手首の故障から復帰し、11月5日の世界ランキング更新では約1年2ヶ月ぶりにトップ10に返り咲き。今大会第1戦ではロジャー・フェデラー(スイス)にストレート勝利し、白星スタートを切った。

一方のアンダーソンは、自身初のツアー最終戦出場、また南アフリカ勢としてシングルスでは23年ぶりのツアー最終戦出場。今シーズンは、2月の「ニューヨーク・オープン」、10月の「ATP500 ウィーン」の2大会で優勝。今大会第1戦では、ドミニク・ティーム(オーストリア)にストレート勝利している。

錦織とアンダーソンは過去8回対戦し、錦織の5勝3敗。直近の「ATP1000 パリ」でも対戦しており、その時は錦織が勝利している。錦織は第2戦について「確実にレベルを上げていかないといけないと思います。今日も反省点は多くあったので。この勝利を自信にして、次も戦いたいと思います」と第1戦後に話していた。

なお、現地の同日フェデラーとティームの対戦も行われるが、もし錦織とフェデラーが勝利すれば、第2戦終了時点で錦織の決勝トーナメント進出が決まることとなる。2年ぶりの決勝トーナメント進出に向け、錦織が2勝目を挙げることができるか注目だ。

テニスデイリーでは、サイト上で試合速報とハイライト動画の配信を無料で行う予定だ。

◇   ◇   ◇

■「Nitto ATPファイナルズ」のルール

1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人が出場。4人ずつ「グーガ・クエルテン」「レイトン・ヒューイット」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージを行い、上位2人ずつが決勝トーナメントに進む。

■グループ「グーガ・クエルテン」第1戦までの戦績

[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 1勝0敗
[3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 1勝0敗
[5]マリン・チリッチ(クロアチア) 0勝1敗
[8]ジョン・イズナー(アメリカ) 0勝1敗

■グループ「レイトン・ヒューイット」第1戦までの戦績

[2]ロジャー・フェデラー(スイス) 0勝1敗
[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 1勝0敗
[6]ドミニク・ティーム(オーストリア) 0勝1敗
[7]錦織圭(日本/日清食品) 1勝0敗

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

北海道地区優勝チーム主将 「勝利の為に」【第41回全国選抜高校テニス大会】

北海道地区優勝チーム主将 「勝利の為に」【第41回全国選抜高校テニス大会】

配信日時 2018年11月13日 17:00

第41回全国選抜高校テニス大会北海道地区大会
開催期日 2018年10月9日(火)~12日(金)
会場 苫小牧市緑ヶ丘公園庭球場

男子団体優勝 立命館慶祥高等学校
32.dannsiyuusyou.jpg30satou.jpg佐藤 滉祐 主将

「今大会で優勝できたのは、1・2年生関係なく全員で全員を応援し合え、チームが一つになれたからだと思います。全国でも良い結果が残せるように頑張ります。応援よろしくお願いします。」

35fujikawa.jpg男子S1:藤川侑志郎

女子団体優勝 北海道札幌啓成高等学校
34jyosiyuusyou.jpg33€matuyama.jpg松山寧有 主将

「去年は、選抜大会に3位で参加することができました。今年は、念願の優勝という立場で参加できるので、1勝できるように全員で頑張ります。」

36S1terui.jpg女子S1: 照井妃奈

※写真は全国選抜高校テニス大会北海道地区大会で優勝した選手達(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

【11/13注目ドロー】錦織、第2戦でアンダーソンと今季4度目の対戦。フェデラーはティームとの対戦に臨む[Nitto ATPファイナルズ]

【11/13注目ドロー】錦織、第2戦でアンダーソンと今季4度目の対戦。フェデラーはティームとの対戦に臨む[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月13日 17:00

11月13日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会3日目。

シングルスでは、4人ずつ「グーガ・クエルテン」「レイトン・ヒューイット」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ、本日は「レイトン・ヒューイット」の第2戦が行われる。

世界ランキング9位の錦織圭(日本/日清食品)は世界6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。両者は過去8回対戦して錦織の5勝3敗となっている。

同大会に2年ぶり4度目の出場となる錦織。最高成績は2014、2016年のベスト4となっている。今シーズン1月に約5ヶ月間のツアー離脱から復帰した錦織は、11月5日のランキング更新で1年2ヶ月ぶりに見事トップ10に返り咲いた。今大会第1戦ではロジャー・フェデラー(スイス)にストレート勝利している。

一方のアンダーソンはツアー最終戦初出場。今大会第1戦で、ドミニク・ティーム(オーストリア)にストレートで勝利している。今シーズン4度目の対戦となる両者、第2戦で決勝トーナメント進出に向け勝利を飾るのはどちらか。試合は日本時間13日の23時ごろに開始予定だ。

世界3位のフェデラーは世界8位のティームと対戦する。両者は過去3回対戦していてフェデラーの1勝2敗。また2016年「メルセデス・カップ」準決勝以来の対戦となる。

フェデラーは同大会史上最多、6度優勝を果たしているが、最後の優勝は2011年のため7年ぶりのタイトル獲得を狙う。一方のティームは3年連続3回目の出場、今大会初の決勝トーナメント進出を目指す。試合は日本時間14日の5時ごろに開始予定。

ダブルスでは4組ずつ「ロドラ/サントロ」「ノウルズ/ネスター」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ。本日は「ロドラ/サントロ」の第2戦が行われる。

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人/4組ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人/2組ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月13日の注目ドロー】

◆男子シングルス グループステージ「レイトン・ヒューイット」 第2戦

[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)対 [7]錦織圭(日本/日清食品)

[2]ロジャー・フェデラー(スイス)対 [6]ドミニク・ティーム(オーストリア)

◆男子ダブルス グループステージ「ロドラ/サントロ」 第2戦

[2]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)対 [4]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)

[6]レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)対 [7]ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(Photo by Rob Newell - CameraSport via Getty Images)

錦織、第2戦の結果次第で決勝T進出決定の可能性も。錦織もフェデラーも勝利することで[Nitto ATPファイナルズ]

錦織、第2戦の結果次第で決勝T進出決定の可能性も。錦織もフェデラーも勝利することで[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月13日 12:00

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)グループステージ第1戦で、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)をストレートで破った錦織圭(日本/日清食品)。

錦織は第2戦でケビン・アンダーソン(南アフリカ)と、フェデラーはドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。もし第2戦で錦織とフェデラーが勝利すれば、錦織の決勝トーナメントが決まる。なお、第1戦終了時点での戦績は以下の通り。

■「レイトン・ヒューイット」第1戦までの戦績

[2]ロジャー・フェデラー(スイス) 0勝1敗
[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 1勝0敗
[6]ドミニク・ティーム(オーストリア) 0勝1敗
[7]錦織圭(日本/日清食品) 1勝0敗

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人が出場。4人ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人ずつが決勝トーナメントに進むというルール。

第2戦で錦織とフェデラーが勝利した場合は錦織が2勝0敗、フェデラーとアンダーソンが1勝1敗で並び、ティームが0勝2敗となる。第3戦ではフェデラーがアンダーソンと、錦織がティームと対戦することになるが2勝以上となるのは2人となるため、錦織の決勝トーナメント進出が決まることになる。

錦織はアンダーソンと過去8回対戦していて、錦織の5勝3敗。また、今シーズンは「ニューヨーク・オープン」準決勝、「ATP500 ウィーン」決勝、「ATP1000 パリ」3回戦に続き4回目の対戦となる。決勝トーナメント進出に向けどの様な試合を見せるか注目される。試合は日本時間13日の23時以降に開始予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

【11/12試合結果】ジョコビッチ、快勝で最終戦白星スタート。ズベレフも初戦ストレート勝利[Nitto ATPファイナルズ]

【11/12試合結果】ジョコビッチ、快勝で最終戦白星スタート。ズベレフも初戦ストレート勝利[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月13日 11:00

11月12日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会2日目。男子シングルス「グーガ・クエルテン」第1戦、男子ダブルス「ノウルズ/ネスター」第1戦が行われた。

シングルスでは、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界10位のジョン・イズナー(アメリカ)に6-4、6-3とストレートで勝利。同大会6度目の優勝を目指すジョコビッチはこの試合ブレークポイントを握られることなく、今大会初戦を白星で飾った。

ATP公式サイトによると、ジョコビッチは試合後「身体的、精神的にも良い状態だと感じている。次の試合も楽しみだ」と話し、第2戦アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)との試合について「僕はストレートで勝利し、このグループの中で良いポジションに身を置いている。ズベレフもストレート勝利している。素晴らしい試合になるだろう」と話した。

ビッグサーバーとして知られるイズナーは、この試合13本のエースを決めたが、ファーストサービスでのポイント取得率は67%。今までプレーした中でジョコビッチはリターナーとして何位かと聞かれたイズナーは、「彼は1位と2位と3位。確実に今までプレーした中で最高のリターナーだ」とジョコビッチの強さを語った。

一方、世界5位のズベレフは世界7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に7-6(5)、7-6(1)で勝利。

第1セット、ズベレフはミスが多くブレークを許すが、後半でブレークバックしそのままタイブレークを制した。そして第2セットもタイブレークへ。ズベレフはタイブレーク1-1から6連続ポイントでセットを連取した。

21歳にしてマスターズ1000のタイトルを3個獲得している次世代No.1候補ズベレフは、最終戦2年連続2度目の出場。初のグループステージ突破に向けて好スタートを切った。

■「グーガ・クエルテン」第1戦までの戦績
[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 1勝0敗
[3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 1勝0敗
[5]マリン・チリッチ(クロアチア) 0勝1敗
[8]ジョン・イズナー(アメリカ) 0勝1敗

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人(4組)ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人(2組)ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月12日 試合結果】

◆男子シングルス グループステージ「グーガ・クエルテン」 第1戦

〇[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-4、6-3 ●[8]ジョン・イズナー(アメリカ)

〇[3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)7-6(5)、7-6(1) ●[5]マリン・チリッチ(クロアチア)

◆男子ダブルス グループステージ「ノウルズ/ネスター」 第1戦

〇[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)6-4、7-6(3) ●[8]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)

〇[5]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)6-3、7-6(5) ●[3]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのジョコビッチ
(photo by John Patrick Fletcher/Action Plus via Getty Images)

春一番!高校テニスセンバツ  北海道地区大会 総評【第41回全国選抜高校テニス大会】

春一番!高校テニスセンバツ 北海道地区大会 総評【第41回全国選抜高校テニス大会】

配信日時 2018年11月13日 12:00

地元北海道では全道大会と呼ばれる、第40回北海道高等学校秋季テニス大会 兼 第41回全国選抜高校テニス大会北海道地区大会が、北海道胆振東部地震の震源地に程近い、苫小牧市緑ケ丘公園庭球場(砂入り人工芝コート20面)を会場に、10月9日の開会式から12日までの4日間、開催された。

大会期間中も余震と思われる体に感じる揺れがある中、熱くそして溌溂としたプレーが繰り広げられた。
球威が吸収されるのでラリーが続き易いサーフェス。
長い試合が多くなるとの見方が、1日目の試合から証明される展開となり、予想通り、選抜大会予選ならではのチーム総力戦となった。

 男子は、2シード・4シードがQFで敗れる混戦となり、どの対戦も最後までもつれる戦いとなった。
SFの一方は、インターハイ出場の札幌藻岩を破った札幌南と昨年度全国選抜出場の札幌西を破って上がった立命館慶祥の戦い。
立命館のエース藤川がつけた流れをダブルス2つが受け継ぎ、3-1で決勝進出を決める。
もう一方では、シード校を破り勢いに乗る北海道科学大と、札幌支部予選優勝の力をここでも十分発揮して勝ち上がる札幌開成中等の対戦。開成中等はS1を落としD2もビハインドの中、D1・S2・S3を取り決勝進出を決めた。
 決勝は開成中等と立命館の対戦。S1対決は立命館が力で押し切り6-1。しかし、S2・S3は開成中等が取り、並行して行われているダブルス2つの行方に注目が集まる。D1・D2どちらも一進一退の戦い。
途中までリードを許していた立命館。しかし、終盤精度の高いプレー、思い切りのいいプレーが決まり、逆転逃げ切りを果たし、北海道初制覇を達成した。

 女子はシード4校が勝ち上がる順当な戦いに。絶対エース照井を擁する札幌啓成は、必死に食い下がる立命館慶祥を力で振り切り3-0で決勝へ。
3年ぶり全国出場を目指す北星学園女子は、札幌西を相手にS2・S3を落とすも、エース澤田がチームを引っ張り3-2で決勝へ勝ち上がった。
 札幌啓成と北星女子の決勝戦。北星女子はここまでS1で勝ち進んできた澤田をダブルスに起用するというオーダーでダブルス2つを取るが、啓成の照井・松山・濱野の3本柱を崩すことはできなかった。札幌啓成は高校総体予選に続き、選抜予選北海道初制覇を果たした。

力を持つ選手が分散し、どのチームも戦力を揃えることに苦労、オーダーを工夫して戦い抜いてきた印象が残った。
それは、団体戦は総力戦となる試合が多かったこと、個人戦は全ての種目において同一校の入賞が無かったことに表れた。
そんな中、安定感を持った選手・攻め機を逃さない選手を擁するチームが団体戦を制した大会であったといえる。
また、昨年度1年生で個人戦シングルスを制した札幌啓成 照井が、インターハイベスト8の実力を発揮。決勝で爆発的な力を見せ、連覇を達成。
全国で再び活躍してくれることを期待してしまう。

全国高等学校体育連盟 テニス専門部
長永 勝利 常任委員

※写真は全国選抜高校テニス大会北海道地区大会の様子(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

次世代No.1候補ズベレフがチリッチにストレート勝利。初のグループステージ突破へ前進[Nitto ATPファイナルズ]

次世代No.1候補ズベレフがチリッチにストレート勝利。初のグループステージ突破へ前進[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月13日 06:30

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)の大会2日目、グループ「グーガ・クエルテン」の第1戦が行われ、世界5位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と世界7位のマリン・チリッチ(クロアチア)が対戦。ズベレフが7‐6(5)、7‐6(1)のストレートでチリッチを破った。

21歳にしてマスターズ1000のタイトルを3個獲得している次世代No.1候補ズベレフは最終戦2年連続2度目の出場、チリッチは3年連続4度目の出場となる。両者ともグループリーグを突破したことがなく、今回初の突破を目指す。グループ「グーガ・クエルテン」ではこの2人とノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ジョン・イズナー(アメリカ)の4人での総当たり戦が行われ、上位2名が決勝トーナメントへ進出する。

第1セット、ズベレフは大会初戦ということもありコートやボールに対しての感覚が合わないのか、明らかなミスヒットが多くいきなりブレークを許す。それでも後半でブレークバックするとタイブレークを制した。

第2セットも先にリードを許したが、追いつくと、勢いのまま最後のタイブレークも6連続ポイントで制し大事な初戦の白星を掴んだ。

長身で力強いサーブを持つ二人だが、この試合ではストローク戦が多く、ラリーの末のミスも多かった。勝負所でミスが増えたチリッチに対して流れを引き寄せたズベレフが、初のグループステージ突破へ向けて好スタートを切った。

一方のチリッチはこれで最終戦での通算成績は1勝9敗、対ズベレフ戦では1勝6敗とそれぞれの苦手意識が高まる結果となった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのズベレフ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

松岡修造さん「本当の圭に会えた!」。フェデラー破った錦織へ祝福とエール[Nitto ATPファイナルズ]

松岡修造さん「本当の圭に会えた!」。フェデラー破った錦織へ祝福とエール[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月12日 18:00

男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」のグループステージ、第1戦でロジャー・フェデラー(スイス)を7-6(4)、6-3のストレートで破って初戦白星を挙げた錦織圭(日本/日清食品)。

約4年8ヶ月ぶりにフェデラーを破り、連敗を止めた錦織について「日本一熱い男」として知られる松岡修造さんが自身のブログを更新。「ATPツアーファイナルズで錦織圭選手が本当の圭に会えた!」と題し、錦織を絶賛した。

「素晴らしい白熱した試合だった」と松岡さん。第1セット、錦織の5-6で迎えた第12ゲームで見せたスーパーショットについては「圭 超半端ない!片手バックハンドエース 観客は何が起きたのかわかっていなかった」とつづっている。なお、この様子はATP公式ツイッターにて動画で紹介されている。

そして松岡さんは「セカンドセットも、集中途切れず、フェデラーを圧倒。ガッツポーズを何度も作りながら、やっとやっと強い錦織圭に、本当の錦織圭に出会うことができた!フェデラー相手にこのテニスが出来ているのだから、是非とも今年最後に最高の結果で幕を閉じて欲しいと心から願っています!」とつづった。

また「さあ、ここからです。今年最後の大会、錦織圭が世界一の錦織圭になる時がやってきた! 全米での悔しさをここで一気に爆発させて欲しい。そして、1ポイントづつ、一試合づつ、前にすすんでいこう! おめでとう!圭」と熱いエール。最後は「気合 超半端ない ファイナル修造」と締めくくっている。

次戦について「確実にレベルを上げていかないといけないと思います。今日も反省点は多くあったので。この勝利を自信にして、次も戦いたいと思います」と語った錦織。第2戦でも師匠松岡さんを歓喜させるテニスを見せてくれるか、期待がかかる。

錦織のグループステージ第2戦、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)との対戦は日本時間13日の23時以降に開始予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

【11/12注目ドロー】ジョコビッチは初出場イズナーとの第1戦。ズベレフはチリッチとの対戦に臨む[Nitto ATPファイナルズ]

【11/12注目ドロー】ジョコビッチは初出場イズナーとの第1戦。ズベレフはチリッチとの対戦に臨む[Nitto ATPファイナルズ]

配信日時 2018年11月12日 17:00

11月12日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会2日目。

シングルスでは、4人ずつ「グーガ・クエルテン」「レイトン・ヒューイット」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ、本日は「グーガ・クエルテン」の第1戦が行われる。

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は世界10位のジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。両者は過去8回対戦してジョコビッチの8勝2敗となっている。

同大会に今回で11回目の出場となるジョコビッチ。また、過去史上最多6度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)に次ぐ、5度の優勝経験を持っている。今シーズン右肘の故障から完全復活を果たし、現在は2016年10月末以来2年ぶりに世界ランキング1位に返り咲いた。

一方のイズナーは初めてツアー最終戦に臨む。今シーズン7月16日更新の世界ランキングで自己最高の8位を記録。また3月の「ATP1000 マイアミ」、7月の「ATP250 アトランタ」で優勝している。6度目の優勝を目指すジョコビッチと、初優勝狙うイズナー。どの様な試合展開を見せてくれるのか注目だ。両者の試合は日本時間13日の午前5時ごろ開始の予定。

世界5位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は世界7位のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。両者は過去6回対戦していて、ズベレフの5勝1敗。

次世代のNo.1候補筆頭格であるズベレフは、2年連続2回目の出場。一方のチリッチは3年連続、4度目の出場だ。前年同大会第1戦でも対戦している両者、初の決勝トーナメント進出に向け好スタートを切るのはどちらか注目される。試合は日本時間12日の23時に開始予定だ。

ダブルスでは4組ずつ「ロドラ/サントロ」「ノウルズ/ネスター」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ。本日は「ノウルズ/ネスター」の第1戦が行われる。第1シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)、第3シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)らが登場する。

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人(4組)ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人(2組)ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月12日の注目ドロー】

◆男子シングルス グループステージ「グーガ・クエルテン」 第1戦

[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対 [8]ジョン・イズナー(アメリカ)

[3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)対 [5]マリン・チリッチ(クロアチア)

◆男子ダブルス グループステージ「ノウルズ/ネスター」 第1戦

[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)対 [8]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)

[3]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)/[5]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 パリ」でのジョコビッチ
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

THE TENNIS DAILYへ >>>

閲覧履歴

お知らせ

2018.09.07

<重要なお知らせ>9月6日に北海道で発生した地震による被災者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
この地震の影響により北海道全域におけるお荷物の集荷・配達を一時見合わせております。
詳しくはこちら(ヤマト運輸HP)

2018.09.03
オーガニックワインの販売を開始いたしました!
チーズ定期便にぴったりなワインをチョイスしてご紹介しております。
2018.06.20
【サッカー】クリスティアーノ・ロナウド直筆サイン ポルトガル代表ユニフォーム、サイン入りスパイク、イニエスタの直筆サイン入りワールドカップ仕様ボールなど、最新のお宝アイテムを掲載しました!
2018.04.02
【WOWOWチーズチーズチーズ】待望の定期便がスタートしました!毎月世界のチーズをお届け。 まとめ払いコースと定期コースの2種類ご用意。定期コースは解約自由ですので、お気軽にお試しください!
2018.02.07
<会員ログインが変わります>2018年2月6日以前にwowshopで会員登録されたお客様へ

一覧ページへ >>>