このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

ニューヨークでグランドスラムを観戦しよう 全米オープンテニス2015 観戦ツアー In New York

杉山愛さんがオススメ! 全米オープンの「歩き方」

アメリカらしいカジュアルな雰囲気の中でテニス観戦!

杉山愛さん

肩ひじ張らずに、カジュアルにテニス観戦が楽しめる。
それが全米オープンの一番の特徴です。
テニス観戦というと、独特の観戦マナーがあって、慣れていない方は
敷居の高さを感じるかもしれません。
でも、全米オープンにはそんな堅苦しさはありません。
ラリー中は静かですが、それ以外の時間は、しゃべったり、
アルコール類を飲んだり、時には会場の音楽に合わせて踊ったりと、
本当に気楽に観戦を楽しんでいます。
みんなで盛り上げ、みんなで楽しもう、という観戦スタイルですね。
観客のワクワク感が選手にも伝わり、選手の好プレーを引き出すのです。
そんな会場の雰囲気を体感すると、スポーツ文化が進んでいる国なんだなと感じます。

充実のフードコートとグッズショップ!

会場には、試合観戦以外にもお楽しみがいくつも用意されています。
そのひとつが食事。広いフードコートにはハンバーガーやホットドッグ、ピザなどの定番から、メキシカンやインド料理などエスニックな料理までそろい、 それをいただくテーブルとベンチもたくさん用意されています。

おみやげの豊富さも全米オープンらしさでしょう。
公式ショップにはTシャツやフード付きスウェットシャツ、キャップなどがたくさん並び、デザインのバラエティはスゴイのひとこと。
これもまたスポーツ文化が根付いていることを感じさせる光景です。

エンタメと食の宝庫、ニューヨーク!

ニューヨークには、ミュージカル、美術館、スポーツ観戦、さらに買い物や食事と、あらゆるエンターテインメントの要素がそろっています。
私はブロードウェーのミュージカルが大好きでよく行きましたし、メジャーリーグの試合も何度か見に行っています。ニューヨークならではの、おいしい食事も楽しみたいですね。軽い食事なら、ベーグルやパンケーキのお店。また、マンハッタンには有名なステーキハウスなども多く、一流の日本食レストランもあります。

ぜひ試していただきたいのはベーグルやパンケーキですね。ニューヨークはベーグルの本場。
私が通うベーグル屋さんは、ベーグルのパン生地だけでも20種類くらいあって、トッピングも30~40種類。シンプルなものから、ブランチにぴったりのボリュームのあるものまでそろっています。
種類がとにかく多いので、事前に注文の仕方など予習をしていくと安心かもしれませんね!
パンケーキもアメリカらしい食べ物ですね。日本でもパンケーキブームでおいしいものも多いですが、こちらではもっと気軽に食べられます。すごいボリュームで、日本で食べられるような“ふわっふわ”のものではありませんが、私は好きですね。
例えばいちごやブルーベリー、バナナのトッピングに、ソーセージを添えて頂いたりしています。

私がツアーを監修しました。

秋山英宏 (あきやま ひでひろ)

WOWOW TENNIS ONLINE でもお馴染み!

1961年生まれ。フリーランスライターとしてスポーツ分野を中心に雑誌、新聞、通信社等で執筆活動を行う。1987年からテニスの取材 を開始し、 グランドスラムをはじめ、国内外の主要トーナメントを取材。『Number』、テニス専門誌などに多くの観戦レポート、インタビュー記事を執筆している。
近著にプロテニスプレーヤー錦織圭との共著、『頂点への道』がある。現在、日本テニス協会広報委員会副委員長を務め、同協会の出版物 やメールマガジンなどにも寄稿している。

書籍のご紹介|頂点への道|錦織圭/秋山英宏|出版社:文藝春秋|ジャンル:ノンフィクション|発売日:2015年4月16日|● 定価:本体1,550円+税

観戦ツアーのご案内

1回戦を観戦!|人気選手のゲームを確実に観戦!|ツアー詳細・お申込みはこちら|㈱ジャルパックホームページへ移動します

PAGE TOP